個人よりも団体で●パフナイト★セクシュアリティと政治08●16

2008年10月18日(土)に開催されたパフナイト「セクシュアリティと政治’08」の模様です。
●こちらの記事と連動しています。
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/blog-entry-1535.html
(C)akaboshi
「フツーに生きてるGAYの日常」
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/
●パネリスト:
尾辻かな子さん(前大阪府議/2007年参院選民主党全国比例からレズビアンであることをカムアウトして出馬)
ミナ汰さん(”共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ全国ネットワーク代表)
北丸雄二さん(NY在住ゲイ・ジャーナリスト)
●司会
翔子(パフナイト/共生ネット/にじいろ扁平足)
竜超(パフナイト/ライター/自力復刊薔薇族副編集長)

●以下、イベント概要
10月のパフナイトは緊急開催!
そろそろ選挙が行われそうな秋だから・・・ってわけでもないけれど、
たまには「政治の話」したっていいんじゃない!?というわけで

『セクシュアリティと政治’08』の開催決定!

昨年の3月、「怒涛の選挙3連続」の直前に開催され、
YouTubeで見ることのできる『セクシュアリティと政治』
http://jp.youtube.com/view_play_list?p=83B92ABAC6FCC62B

その後、いろんなことがありましたねぇ。そこで今回は
昨年の尾辻かな子さんの「国政チャレンジ」を本人が振り返ったり、
今年になって手探りで始まった「セクマイに関するロビイング活動」で
ジワジワと出始めた成果を「共生ネット」のミナ汰さんが語ったり、
「同性婚」をめぐる話題がホットなアメリカの政治状況を
ニューヨーク在住ゲイ・ジャーナリスト北丸雄二さんが話します。

いまだ政治の世界では「居ないことに」され気味な
日本のセクシュアル・マイノリティ。
いいかげん「居ること」になるためには、どうすりゃいいの?
焦らずのんびり考えていきましょうってことで、
ぜひあなたも参加して、多角的な視野からの討論を、一緒にしませんか?

★出演者(50音順)
尾辻かな子
前大阪府議会議員。2003年大阪府議に当時最年少で当選。2005年に東京レズビアン&ゲイパレードで現職政治家として同性愛者であることをカミングアウト。2007年7月に民主党公認で参議院選挙全国比例に立候補。2008年、絵本『タンタンタンゴはパパふたり』を翻訳。著書『カミングアウト〜自分らしさをみつける旅』(2005年)。パフナイトには4回目の登場。

北丸雄二
作家/ジャーナリスト。毎日新聞記者、中日新聞(東京新聞)ニューヨーク支局長を経て現在はフリーランスとしてニューヨークで著述活動。訳書『フロント・ランナー』(1990年)ほか多数。2007年〜08年上演『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、2009年2月に新宿FACEで上演される『ALTAR BOYZ』日本版の翻訳を担当。ゲイ雑誌『バディ』に「北丸雄二のWORLD INDEX」連載中。

ミナ汰
2008年に発足した「共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク」(共生ネット)代表。パフスクール「国に意見する方法」の受講生を中心に結成された同団体で現在、LGBIT関連政策のロビイング活動を展開中。原美奈子名義での訳書『レズビアンの歴史』(1996年)『生きる勇気と癒す力』(2007年)ほか多数。

★司会
翔子
パフナイトスタッフ。青森セクシュアルマイノリティ協会「にじいろ偏平足」と「共生ネット」のメンバーとして、セクシュアルマイノリティの「都会と地方の格差問題」に取り組んでいる。

竜超
パフナイトスタッフ。自力復刊薔薇族副編集長。ゲイ雑誌『バディ』に「竜超のショーアップ昭和!! 」連載中。2008年9月発売DVDマガジン『Bマガジン02』に監督作「竜超の文化特捜学院」収録。

パフナイト『セクシュアリティと政治’08』
日時:10月18日(土) 18:30開場/19:00開演
会費:1000円 ※予約は不要です。お気軽にお越しください。
会場:パフスペース

レズビアンインパクト戦略考●パフナイト★セクシュアリティと政治08●14

2008年10月18日(土)に開催されたパフナイト「セクシュアリティと政治’08」の模様です。
●こちらの記事と連動しています。
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/blog-entry-1535.html
(C)akaboshi
「フツーに生きてるGAYの日常」
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/
●パネリスト:
尾辻かな子さん(前大阪府議/2007年参院選民主党全国比例からレズビアンであることをカムアウトして出馬)
ミナ汰さん(”共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ全国ネットワーク代表)
北丸雄二さん(NY在住ゲイ・ジャーナリスト)
●司会
翔子(パフナイト/共生ネット/にじいろ扁平足)
竜超(パフナイト/ライター/自力復刊薔薇族副編集長)

●以下、イベント概要
10月のパフナイトは緊急開催!
そろそろ選挙が行われそうな秋だから・・・ってわけでもないけれど、
たまには「政治の話」したっていいんじゃない!?というわけで

『セクシュアリティと政治’08』の開催決定!

昨年の3月、「怒涛の選挙3連続」の直前に開催され、
YouTubeで見ることのできる『セクシュアリティと政治』
http://jp.youtube.com/view_play_list?p=83B92ABAC6FCC62B

その後、いろんなことがありましたねぇ。そこで今回は
昨年の尾辻かな子さんの「国政チャレンジ」を本人が振り返ったり、
今年になって手探りで始まった「セクマイに関するロビイング活動」で
ジワジワと出始めた成果を「共生ネット」のミナ汰さんが語ったり、
「同性婚」をめぐる話題がホットなアメリカの政治状況を
ニューヨーク在住ゲイ・ジャーナリスト北丸雄二さんが話します。

いまだ政治の世界では「居ないことに」され気味な
日本のセクシュアル・マイノリティ。
いいかげん「居ること」になるためには、どうすりゃいいの?
焦らずのんびり考えていきましょうってことで、
ぜひあなたも参加して、多角的な視野からの討論を、一緒にしませんか?

★出演者(50音順)
尾辻かな子
前大阪府議会議員。2003年大阪府議に当時最年少で当選。2005年に東京レズビアン&ゲイパレードで現職政治家として同性愛者であることをカミングアウト。2007年7月に民主党公認で参議院選挙全国比例に立候補。2008年、絵本『タンタンタンゴはパパふたり』を翻訳。著書『カミングアウト〜自分らしさをみつける旅』(2005年)。パフナイトには4回目の登場。

北丸雄二
作家/ジャーナリスト。毎日新聞記者、中日新聞(東京新聞)ニューヨーク支局長を経て現在はフリーランスとしてニューヨークで著述活動。訳書『フロント・ランナー』(1990年)ほか多数。2007年〜08年上演『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、2009年2月に新宿FACEで上演される『ALTAR BOYZ』日本版の翻訳を担当。ゲイ雑誌『バディ』に「北丸雄二のWORLD INDEX」連載中。

ミナ汰
2008年に発足した「共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク」(共生ネット)代表。パフスクール「国に意見する方法」の受講生を中心に結成された同団体で現在、LGBIT関連政策のロビイング活動を展開中。原美奈子名義での訳書『レズビアンの歴史』(1996年)『生きる勇気と癒す力』(2007年)ほか多数。

★司会
翔子
パフナイトスタッフ。青森セクシュアルマイノリティ協会「にじいろ偏平足」と「共生ネット」のメンバーとして、セクシュアルマイノリティの「都会と地方の格差問題」に取り組んでいる。

竜超
パフナイトスタッフ。自力復刊薔薇族副編集長。ゲイ雑誌『バディ』に「竜超のショーアップ昭和!! 」連載中。2008年9月発売DVDマガジン『Bマガジン02』に監督作「竜超の文化特捜学院」収録。

パフナイト『セクシュアリティと政治’08』
日時:10月18日(土) 18:30開場/19:00開演
会費:1000円 ※予約は不要です。お気軽にお越しください。
会場:パフスペース

女の子のためのポルノ – JAPORN: Porn That Makes Girls Wet

アダルト大国、日本。裏ビデオと言われるものやオンライン配信も含めると、年間約3万本が制作されている。アダルトと言えば男性向け。そんな既成概念すら、もはや古い。

ここ最近話題を呼んでいるのが、女性向けアダルトビデオだ。言うは易し、行うは難し。女性を満足させるには、男性の想像も及ばない新世界がある様子。女性向けアダルト制作現場を垣間見るため、VICEユカが現場を取材!

A new genre of porn designed to arouse women has taken off in the past few years. These videos focus on sex and relationships from the woman’s perspective by allowing them to experience a ‘pseudo-romance’ to help them alleviate everyday stress.

VICEチャンネル登録: http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=VICEjpch
VICEビデオ・リスト: http://www.youtube.com/user/VICEjpch/videos
公式ウェブサイト: http://vice.com/jp
Facebook: http://fb.com/vice
Twitter: https://twitter.com/VICEJapan
Google+: https://plus.google.com/100639827441905861550/
Instagram: http://instagram.com/vicejapan
Video Rating: / 5

セクシュアリティと政治17●アメリカのLGBT人権団体について~北丸雄二さんへの質問

セクシュアリティと政治17●アメリカのLGBT人権団体について~北丸雄二さんへの質問

セクシュアリティと政治17●アメリカのLGBT人権団体について~北丸雄二さんへの質問

●こちらの記事と連動しています。
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/blog-entry-712.html
(C)akaboshi
「フツーに生きてるGAYの日常」
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/
2007年3月4日(日)。なかのZERO和室にて収録。学習会「セクシュアリティと政治」
主催:石坂わたると多様性のある中野をつくる会
Speaker:
北丸雄二さん・・・NY在住ゲイ・ジャーナリスト
尾辻かな子さん・・・大阪府議会議員/レズビアン
石坂わたるさん・・・養護学校教諭/ゲイ
Video Rating: / 5

被災とジェンダー/セクシュアリティ4●高橋準さん/福島大学教授

『被災とジェンダー/セクシュアリティ
~緊急時、見落とされがちな視点を今後に活かすために』
●PLAYLIST

●ブログ連動記事
http://blog.rainbowaction.net/ra/2011/11/888

 3月11日の東日本大震災と原発事故から約半年。

 日常生活が寸断された多くの人々が避難所生活を余儀なくされ、そこでは緊急体制のコミュニティが形成されました。

 そうした状況下。セクシュアル・マイノリティにとって日常生活の寸断は、どんな困難を生じさせるのか?。当会では5月にイベント『被災とセクシュアル・マイノリティ』で議­論しました。

 あれから4カ月。

 新たな出会いや調査活動において、さまざまなことが見えてきました。そこで今回は「ジェンダー」の視点も取り入れ、より多角的に、「社会的マイノリティと被災」について考­えるシンポジウムを開催します。

 今回のゲストは・・・

 東京から、何度も被災地やその周辺地域に足を運び、支援活動および東北地方のセクシュアル・マイノリティのコミュニティでの調査を行った小澤かおるさん(JAPANレイン­ボー・エイド)。

 沿岸部の津波被災地域に住むセクシュアル・マイノリティに対して情報を発信すべく、「岩手レインボー・ネットワーク」を立ち上げ、イベントを開催した盛岡在住の山下梓さん­(GAY JAPAN NEWS)。

 今も余震と原発災害が続く福島で、大学教員としてジェンダー/セクシュアリティを講義している高橋準さん(福島大学教授)。

 避難所で男性がリーダーとして活動する中、女性がどのような思いを「言い出しにくかった」のか、どのような精神状況に置かれたのかを調査するプロジェクトが立ち上がったN­POで勤務している内田有美さん(NPO法人イコールネット仙台)。以上の4名。

 なお、内田さんには避難所で活躍したセクシュアル・マイノリティ当事者のエピソードも紹介していただきます。

 日本において、緊急時における「社会的マイノリティ」の状況調査は阪神大震災以降に始まったばかり。まだ非常に歴史が浅いです。当会ではこれからも、このテーマに取り組み­続けようと思っています。

 そして現時点では思います。「緊急時だから」という理由で見落とされがちな視点は、果たして緊急時だけに見落とされているものなのだろうかと。

●レインボー・アクション第2回主催イベント
『被災とジェンダー/セクシュアリティ
~緊急時、見落とされがちな視点を今後に活かすために』
9月24日(土)19:00~21:00
■会場:なかのZERO小ホール
■協賛:TOOT / (有)ティー・プレイ
■主催:レインボー・アクション内イベントチーム
http://www.rainbowaction.net/

■出演者(五十音順・敬称略)

●内田有美
・・・宮城県生まれ、宮城県在住。GIDの当事者と非当事者の共生について研究を行っている。2011年より、性と人権ネットワークESTOのスタッフとして活動。仙台男­女共同参画推進センターの市民活動スペース「エル・パーク仙台」を運営する「NPO法人イコールネット仙台」に勤務。

●小澤かおる
・・・社会人を経て現在大学院生。被災地のLGBT支援団体「JAPANレインボー・エイド」メンバー。調査・支援のため震災後10回以上東北に通う。中野のLOUDを足­場に、40歳以上の当事者のお茶会「Liebchen40」や、LOUDの蔵書を読む「Leseratten本読むネズミたち」で活動している。

●高橋準
・・・福島大学教員。県内の大学等で、1995年よりジェンダー/セクシュアリティ関連の講義を担当。3月11日当日は福島市の職場で被災。

●山下梓
・・・岩手県生まれ、盛岡市在住。2005年より、ゲイジャパンニュースボランティアスタッフ(共同代表)。東日本大震災女性支援ネットワーク世話人。岩手レインボー・ネ­ットワーク主宰。

■司会

●島田暁
・・・『レインボー・アクション』代表。映像作家。ブログ『フツーに生きてるGAYの日常』やYouTubeで情報発信。3月11日以降東北地方で被災地ボランティアに携­わった際、ボランティア作業においても「ジェンダーの縛り」が強いと感じ違和感。
Video Rating: / 5