改めてED治療薬について

EDで悩んでいる方に

EDとは、日本語では勃起不全といいます。

勃起機能の低下により起こる症状のことをいい、日本人男性に増えている症状として知られています。 勃起不全という言葉には全く勃起しないイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際は違います。 完全に勃起出来ない状態だけでなく、勃起するのに時間が掛かってしまう状態や勃起はするけれども持続することが困難な場合もED(勃起不全)と呼ばれます。 EDは自分一人の問題ではなく、大切なパートナーにも関わる問題ですから、EDについて理解を深めておく必要があります。

「対策方法としてED治療薬の服用をしようと思ったけど、ED治療薬は種類が多いので何を選んだらいいのか分からない。」

EDの原因(生活習慣病によるもの)

EDの原因の一つに生活習慣病も挙げられます。

特に、動脈硬化はEDに深刻な影響をあたえることが知られています。

動脈硬化とは血管の内部にコレステロールや中性脂肪などが蓄積して血管が狭くなった状態のことを言いますが、動脈が狭くなってしまうと心臓からの血液が全身へスムーズに流れなくなり、健康に様々な悪影響を及ぼします。

勃起は血液が陰茎の海綿体に流れ込むことで起こりますから、血液の流れが阻害されてしまうと勃起しにくくなってしまったり、性行為の途中で萎えてしまったりといったことが起こります。

動脈硬化に加えて糖尿病もEDの原因の一つです。

糖尿病は血液内の血糖値が高くなった状態のことを意味しますが、高血糖の状態が続くと血管や神経にも障害が起きます。

血管の劣化により動脈硬化が起きて、同時に神経の傷害により性的な刺激が上手く脳から男性器に伝わらなくなり、勃起しにくくなってしまうのです。

ED治療薬は、こんな方には是非オススメの商品です
勃っても完全な元気な状態の勃起にならない…

性行為中に段々興奮が無くなり、中折状態になってしまう…

強い勃起力で女性にもっと満足感を与え魅了させたい!

ED治療薬の安全性は?

ED治療薬を服用した人の中で死亡してしまった人が出てきてしまったことは事実。それだけバイアグラ・レビトラ等の薬は効果が過激である分、副作用も強烈。風邪薬などと比べて劇薬の部類に入ることは確かです。けれど、「ひょっとして服用することで死んでしまうかも……」という恐れを常に身近に感じるほどの副作用が表れる薬なのでしょうか。

そんなことはありません。ED治療薬は幾つかの注意点さえ気を付ければ、多少の副作用は出てきてしまいますが、安全に服用することができる薬なのです。決して死を意識するほどの副作用が表れる劇薬ではありません。どのような点について注意しなければいけないのか。服用前にそれだけ確認しておきましょう。

ネットの口コミや良く聞く噂などでは「何回でも連続で性行為ができる!」「依存症になってしまう!」というような意見もありますが、基本的にED治療薬に薬物のような依存性はありませんので、ご安心ください。

どんなお薬もそうですが、正しく服用して飲むタイミングさせ間違わなければ安心して服用できるでしょう。

どうしてもED治療薬を服用するのが不安な方は専門のクリニックに相談したりすることをオススメします。

また、ED治療薬には偽物も多く出回っています。世の中にはED治療薬専門のホームページがたくさんありますが、悪質な医薬品を取り扱っている事もありますので、十分に注意してから購入しましょう。