尾辻かな子さんと語る、セクシュアリティと政治03●同性愛者をカミングアウトしている議員がいることで進むこと

尾辻かな子さんと語る、セクシュアリティと政治03●同性愛者をカミングアウトしている議員がいることで進むこと

『尾辻かな子さんと語る、セクシュアリティと政治2013 ~存在認知の「先」を目指すには~』
★レインボー・アクションブログのこちらの記事と連動しています。
http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-131.html
■『尾辻かな子さんと語る、セクシュアリティと政治2013』PLAYLIST

 先日ついに、日本で初めて同性愛者であることを公言している国会議員が誕生しました。

 尾辻かな子さん。2005年、大阪府議会議員時代に「東京レズビアン&ゲイパレード(­当時の名称)」にてレズビアンであることをカミングアウト。その後、2007年に民主­党の公認を受け、参議院の全国比例に立候補。その際の得票をもとに今年の5月末に繰り­上げ当選が叶い、さっそく質問に立たれるなど精力的な活動を展開されています。

 セクシュアル・マイノリティの「存在認知」に限って言えば、かなり進んできたとも言え­そうな昨今。存在を知ってもらった「先」の具体的な社会的課題に関して、多くの人々が­個人で呼びかけたり運動体を作ったりして取り組んでいます。直面させられている課題は­多種多様ですが、例えば、ひとりひとりが取り組んでいけることもあれば、コミュニティ­内での解決を模索する方が適していることもあります。また、国や自治体など、行政が取­り組む必要があることなど、その手段や方法、段階もさまざまです。

 そこで、それぞれの課題やテーマは今、どのようなレベルで取り組むのが最適と言えるの­か?。また、さらに発展させていくには、どのような方法が考えられるのか?具体的な方­法を、尾辻かな子さんをゲストに迎えて一緒に考えてみようと思います。

 当日、話されて欲しいテーマについてはTwitterやメールで事前に募集します。「­セクシュアルマイノリティの日常生活に関わる事柄で、こういうことに取り組みたい」。­あるいは「もっとこの事柄が注目され、取り組まれるべきだと思う」などの考えをお持ち­の方、ぜひ、この機会に積極的にご参加ください。

レインボー・アクション第12回主催イベント
『尾辻かな子さんと語る、セクシュアリティと政治2013
~存在認知の「先」を目指すには~』
2013年6月18日(火)19時-21時 (開場は20分前より)
■出演:尾辻かな子さん (民主党参議院議員)
■聞き手:島田暁 (レインボー・アクション代表。映像作家)
■司会:藤田裕喜 (レインボー・アクション請願・陳情チームチーフ)
■会場:なかのZERO学習室4
中野駅南口より。線路沿い新宿方面徒歩8分
http://www.nices.jp/access/zero.html
■入場料:500円
…「レインボー・アクション」のファンドレイジングイベントとして開催させていた­だきます。入場料は会場のレンタル代や、今後の会の活動実費として使用させていただき­ます。
■予約は不要です。お気軽にお越しください。
■主催・お問い合わせ:レインボー・アクション
[email protected]

■出演
尾辻かな子さん
…民主党参議院議員。2003年大阪府議会議員に当時最年少で当選。2005年に­東京レズビアン&ゲイパレードで、現職政治家として初めて同性愛者であることをカミン­グアウト。著書『カミングアウト~自分らしさを見つける旅』出版。2007年7月に、­民主党公認で参議院全国比例から立候補。2008年、絵本『タンタンタンゴはパパふた­り』を翻訳。衆議院議員公設第一秘書、ヘルパー二級を取得し、介護の道へ。デイサービ­ス、通所リハビリテーション、特定入居者生活介護施設にて勤務。同時に専門学校の社会­福祉士養成課程(通信)で学ぶ。
http://www.otsuji-k.com/
Video Rating: / 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です