女性用「バイアグラ」ついに発売か、副作用は…

「女性用バイアグラ」とも呼ばれる媚薬「フリバンセリン」が一般販売される見通しが強まったと、海外メディアが6月6日までに報じている。米・食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が4日、当局に承認を促したという。

男性用なら「勃たせる」ための物だが、女性用の場合は「ソノ気にさせる」とでも言おうか。男性と違って、身体よりも「精神的」なものに起因する女性の「性欲低下」。抗うつ薬として研究されてきたフリバンセリンは女性の脳内の化学成分に作用し「性欲」を刺激するといわれている。さて、実際に服用した臨床試験の「結果」とは? そして気になる「副作用」は……。
Video Rating: / 5

“女性用「バイアグラ」ついに発売か、副作用は…” への15件の返信

  1. なんだ、てっきり乳首とクリが固くなるだけなのかと思った。
    飲みたい人は使えばいい。ただし、気絶した後、必ずしも『助かる』とは限らんが。精神的・身体的にヤられてしまうかもしれないリスクもある。そういうクスリ。
    そんな事より、絶対安心なピルを……(こっちは男用でも副作用が無ければOK)。

  2. こういう類は絶対悪用されるだろうからちゃんと整備してほしいね
    しかし抗うつ剤からの転用ということは、気分の落ち込みを抑えるクスリだよね。だから男性のような生理的なことよりもメンタル効果を目的としたものということか。よく考えるね^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です